無事合格、私の母校に通うことに

私の妹の中学受験がこの間終わり、無事合格することができました。私は現在大学生なのですが、妹が私の卒業した私立中学を受験することに決めたのが小学6年生になった頃でした。妹が学習塾に通い始めたのは5年生になってからでしたが、どのように受験勉強を進めたらよいのか経験者として常にアドバイスなどを行ってきました。私の母校は中高一貫校ということもあり倍率の高い学校だったため、かなり熱心に受験勉強していたのを思い出します。妹が自分から中学受験をしたいと言い出したのが小学5年生になったばかりの頃だったので、入試までには時間に余裕もあり、なんとか無事に間に合わせることができました。学校の勉強だけではなく入試対策用の勉強も必要になるため、過去に出題された入試問題なども重点的にこなすようにアドバイスしてきました。6年生になった時点で妹の学力も合格レベルの手前にまで達していたので、本人も入試までは無理をしない程度で受験勉強をするように心がけていたようです。妹が無事合格することができた今となっては、私の厳しいアドバイスも少しは役に立ったのかなと実感しています。家族みんなで妹の受験を応援していたので、桜が咲いて本当に良かったと思います。